調停委員はどんな人?

民事調停委員及び家事調停委員の数(平成28.4.1現在)

調停委員は,調停に一般市民の良識を反映させるため,社会生活上の豊富な知識経験や専門的な知識を持つ人の中から最高裁判所によって選ばれています。具体的には,弁護士,医師,大学教授,IT専門家,公認会計士,不動産鑑定士,建築士などの専門家の他,保護司,カウンセラー,消費生活アドバイザーなど,社会で幅広く活躍してきた人です。

(1)員数

区分 員数
民事調停委員 9,895人
家事調停委員 11,667人
21,562人

(注)合計21,562人のうち3,605人は,民事調停委員及び家事調停委員に併任されている。

(2)年齢別員数

年齢別/区分 民事調停委員 家事調停委員
員数 員数
70歳以上 136 1.4 30 0.3
60歳代 7,036 71.1 8,205 70.3
50歳代 2,048 20.7 2,507 21.5
40歳代 656 6.6 900 7.7
40歳未満 19 0.2 25 0.2
9,895人 100.0 11,667人 100.0

(注)上記は,任命時の年齢による。

(3)職業別員数

職業別/区分 民事調停委員 家事調停委員
員数 員数
弁護士 1,512 15.3 1,404 12.0
医師 266 2.7 85 0.7
大学教授など 128 1.3 246 2.1
公務員 161 1.6 214 1.8
会社・団体の役員・理事 947 9.6 1,044 9.0
会社員・団体の職員 453 4.6 525 4.5
農林水産業 138 1.4 154 1.3
商業・製造業 148 1.5 157 1.4
宗教家 153 1.5 244 2.1
公認会計士・税理士・
不動産鑑定士・土地家屋調査士 等
3,189 32.2 2,179 18.7
その他 369 3.7 953 8.2
無職 2,431 24.6 4,462 38.2
9,895人 100.0 11,667人 100.0